2020年9月の天体情報

9月は、 10月6日の地球との最接近に向けて明るさを増しつつある火星が南西の空に輝いています。
6日から7日にかけて、火星のそばを下弦前の明るい月が通り過ぎていきます。宵の南の空では、土星と木星が並んで輝いています。25日から26日にかけて、2つの惑星には、上弦を過ぎた月が近づきます。今月は、急激に明るさを増す火星と、宵の空で見やすくなっている木星と土星に注目しましょう。

2日満月
7日白露(太陽黄経165度)
10日下弦/火星が留
12日海王星が衝
13日木星が留
17日新月
19日彼岸の入り
22日秋分の日/秋分(太陽黄経180度)
24日上弦
29日土星が留

惑星の見どころ

水星

水星

日の入り後の西の低空に位置しています。見かけの位置が太陽に近く、観察には適していません。

金星

金星

日の出前の東の空で明るく輝いています。明るさは、マイナス4.2等からマイナス4.1等。

火星

火星

うお座を東に移動(順行)していますが10日に留となり、以後は西向きの移動(逆行)に転じます。留のころには、星空の中での火星の動きが止まったように見えます。真夜中の南東から南の空に見え、明るさは、マイナス1.8等からマイナス2.5等。

木星

木星

いて座を西に移動(逆行)していますが13日に留となり、以後は東向きの移動(順行)に転じます。留のころには、星空の中での木星の動きが止まったように見えます。宵の南の空に見え、明るさは、マイナス2.6等からマイナス2.4等。

土星

土星

いて座を西に移動(逆行)していますが29日に留となり、以後は東向きの移動(順行)に転じます。留のころには、星空の中での土星の動きが止まったように見えます。宵の南の空に見え、明るさは、0.3等から0.5等。

国立天文台Webサイトより引用

宙の見どころ

木星と土星の2大惑星に続いて、10月に最接近を迎える火星が見どころです。
月とそれぞれの惑星の共演をお楽しみください。

宙クリップ

このページへの情報のご提供、内容への修正、削除依頼はこちらから

お名前
必須

このページの内容にかかわる権利を所有する方ですか?

Eメール
必須
ページURL
修正内容
必須
修正内容にかかわる URLなどがございましたら、お書き添えください。
修正内容に関わる資料などがございましたら、添付してください。
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。
2020年9月の星空情報

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!