2020年11月の天体情報

11月に入ると日の出の時刻が遅くなり、明け方の天体観察もしやすくなります。
11日には水星が西方最大離角となり、日の出前の東の低空で見つけやすくなります。水星の近くには金星も見え、12日から14日にかけてこれら2つの惑星に月が近づきます。日の入り後の南西の空には木星と土星が並び、19日には月が近づき、南東の空に見える火星には、25日から26日にかけて月が近づきます。

2020年11月の星空情報
1日天王星が衝
3日文化の日/水星が留
7日立冬(太陽黄経225度)
8日下弦
11日水星が西方最大離角
12日おうし座北流星群が極大
15日新月
16日火星が留
17日しし座流星群が極大
22日小雪(太陽黄経240度)/上弦
29日海王星が留
30日満月/半影月食

惑星の見どころ

水星

水星

日の出前の東の低空に位置し、11日に西方最大離角となります。5日から18日の間は東京での日の出30分前の高度が10度を超え、観察しやすくなります。5日から18日の明るさは、0.2等からマイナス0.7等。

金星

金星

日の出前の東から南東の空で明るく輝いています。明るさは、マイナス4.0等。

火星

火星

うお座を西に移動(逆行)していますが16日に留となり、以後は東向きの移動(順行)に転じます。留のころには、星空の中での火星の動きが止まったように見えます。宵の南東から南の空に見え、明るさは、マイナス2.1等からマイナス1.2等。

木星

木星

いて座を東に移動しています(順行)。宵の南西の空に見え、明るさは、マイナス2.2等からマイナス2.0等。

土星

土星

いて座を東に移動しています(順行)。宵の南西の空に見え、明るさは、0.6等。

国立天文台Webサイトより引用

宙の見どころ

明け方の水星・金星、日没後の木星・土星・火星と惑星が堪能できます。流星群の条件は悪いですが、月末には半影月食も控えており、見どころの多い月となります。

おうし座北流星群が極大

11月12日、おうし座北流星群の活動が極大となります。

観測条件

10月にあったおうし座南流星群と、2つの群を合計しても1時間あたり最大で10個ほどの小規模な流星群ですが、火球の割合が高いため、明るいものを目にできるかもしれません。

しし座流星群が極大

11月17日、しし座流星群の活動が極大となります。

観測条件

月明かりの影響はないものの活動は低調とみられています。空の条件の良いところでも1時間あたり5~10個程度と言われています。防寒の準備を万全にして臨みましょう。

半影月食

11月31日の18:42ごろ、半影月食が起こります。

月食とは

地球に太陽の光があたって影ができ、その影の中を月が通過することによって、月が暗くなったり、欠けたように見えたりする現象が「月食」です。

半影食

月の一部または全部が半影だけに入った状態です。半影は薄い影なので、目で見ただけでは月が欠けているかどうか、はっきりとはわかりません。

宙クリップ

このページへの情報のご提供、内容への修正、削除依頼はこちらから

お名前
必須

このページの内容にかかわる権利を所有する方ですか?

メールアドレス
必須
ページURL
修正内容
必須
修正内容にかかわる URLなどがございましたら、お書き添えください。
修正内容に関わる資料などがございましたら、添付してください。
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!