2021年1月の天体情報

2021年は1月4日の夜明け前の2~4時間、空の暗い場所では1時間あたり最大20個程度の流星が見られる、しぶんぎ座流星群から始まります。今年は明るい月の影響があり、条件があまり良くないかもしれません。
惑星では、火星の見頃が続いています。21日には、宵の南の空で赤く輝く火星に月が接近します。下旬になると日の入り後の西の低空で、水星が見つけやすくなります。

2020年8月の星空情報
2日地球が近日点通過
3日しぶんぎ座流星群が極大
5日小寒(太陽黄経285度)
6日下弦
13日新月
14日天王星が留
17日土用の入り(太陽黄経297度)
20日大寒(太陽黄経300度)
21日上弦
24日水星が東方最大離角/土星が合
29日満月/木星が合
30日水星が留

惑星の見どころ

水星

水星

日の入り後の西の低空に位置しています。下旬に向けて高度が上がり、24日に東方最大離角となります。東京では21日から28日の間、日の入り30分後の高度が10度を超え、観察しやすくなります。21日から28日の明るさはマイナス0.8等から0等。

金星

金星

日の出前の南東の低空に位置しています。見かけの位置が太陽に近く、観察は難しいでしょう。

火星

火星

うお座を東に移動し、上旬にはおひつじ座に入ります(順行)。宵の南から南西の空に見え、明るさはマイナス0.3等から0.4等。

木星

木星

見かけの位置が太陽に近く、観察には適していません。29日に合となります。

土星

土星

見かけの位置が太陽に近く、観察には適していません。24日に合となります。

国立天文台Webサイトより引用

宙の見どころ

好条件とまではいきませんが、しぶんぎ座流星群を楽しめる1月には、火星と月の接近というイベントもあります。
夜間は思った以上に冷えます。防寒には十分にお気をつけください。

しぶんぎ座流星群が極大

2021年1月3日頃、しぶんぎ座流星群が極大を迎えます。
前後数日間は見ごろとなるので、流星群をお楽しみください。

観測条件

夜半前は放射点の高度が低いため、観察には向きません。観察に適した時間帯は、4日の夜明け前2~4時間(東京では4日2時~5時台頃)です。この時間帯は極大の時刻に近く、まずまずの条件と言えます。ただ今年は、観測に適した時間を通じて月齢20の明るい月が輝いており、月明かりの影響でとくに暗い流星が見えづらくなります。

宙クリップ

このページへの情報のご提供、内容への修正、削除依頼はこちらから

お名前
必須

このページの内容にかかわる権利を所有する方ですか?

Eメール
必須
ページURL
修正内容
必須
修正内容にかかわる URLなどがございましたら、お書き添えください。
修正内容に関わる資料などがございましたら、添付してください。
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。
2021年1月の星空情報

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!