2021年3月の天体情報

3月になると、だんだん昼の時間が長くなってきます。夕方、西の高い空には火星が輝いています。また、西の低い空には、3月15日頃から細い月が見え始めます。その月は、19日から20日にかけて、火星に接近します。近くにはおうし座の1等星、アルデバランも輝いています。赤く輝く火星とオレンジに輝くアルデバランの2つの星の色も観察してみてください。

2021年3月の星空情報
5日啓蟄(太陽黄経345度)
6日下弦/水星が西方最大離角
11日海王星が合
13日新月
17日彼岸の入り
20日春分(太陽黄経0度)
21日上弦
26日金星が外合
29日満月

惑星の見どころ

水星

水星

日の出前の南東の低空に位置しています。6日に西方最大離角となりますが、日の出30分前の高度は10度未満のため、観察は難しいでしょう。

金星

金星

日の出前の東の低空に位置しています。26日に外合となり、以後は日の入り後の西の低空に位置するようになります。見かけの位置が太陽に近く、観察は難しいでしょう。

火星

火星

おうし座を東に移動しています(順行)。宵の南西から西の空に見え、明るさは0.9等から1.3等。

木星

木星

日の出前の南東の低空に位置していますが、見かけの位置が太陽に近く、観察には適していません。

土星

土星

日の出前の南東の低空に位置していますが、月末にかけて高度が徐々に上がり、観察しやすくなります。明るさは0.7等から0.8等。

国立天文台Webサイトより引用

宙の見どころ

火星と冬の星座を楽しめます。火星、アルデバラン、ベテルギウスと赤く輝く3つの星、冬の大三角が上がってきます。

宙クリップ

このページへの情報のご提供、内容への修正、削除依頼はこちらから

お名前
必須

このページの内容にかかわる権利を所有する方ですか?

メールアドレス
必須
ページURL
修正内容
必須
修正内容にかかわる URLなどがございましたら、お書き添えください。
修正内容に関わる資料などがございましたら、添付してください。
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!