JAXA共催、Indeedのイベントで斎藤工が国際宇宙ステーションの野口宇宙飛行士と生交信

「Indeed」(インディード)の日本法人であるIndeed Japan株式会社(以下、Indeed)は、JAXA(国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構)協力のもと、現在、国際宇宙ステーション(以下、ISS)に滞在中の野口聡一宇宙飛行士とリアルタイムで中継を繋ぎ、宇宙仕事について対話する「野口宇宙飛行士 リアルタイム交信イベント」を3月30日(火)に開催しました。

斎藤工と野口宇宙飛行士

テーマは「SKY IS YOUR LIMIT〜可能性は無限大〜」

可能性は無限大

「宇宙」というひとつのテーマだけでも、さまざまな仕事があることを知り、新しい自分の可能性を見出すきっかけになることを伝えるべく同社が企画したキャンペーンの一環で、宇宙に関わる仕事(以下、宇宙仕事)の多様性や可能性を広く知ってもらうことを目的としています。

野口宇宙飛行士へのインタビュアー役に、同社の新CMでも着用している宇宙服姿で登場した俳優、斎藤工さんのほか、一般公募で当選した3名の一般ユーザーもリモートで参加しました。

JAXAの宇宙服姿の斎藤工さん

「宇宙仕事の多様性~仕事の可能性は宇宙のように広い~」

イベントの前半は、宇宙ビジネスコンサルタントとして活躍されている大貫美鈴さんと JAXA 人事部 人事課 課長の松村祐介さんをお招きした特別トークセッションが行われました。宇宙に関わる仕事の多様性や、どんな人であっても宇宙の仕事に関われるかもしれない可能性について話が繰り広げられました。

齊藤工

トークテーマの一つ目として「これからの宇宙の仕事について」話が振られると、JAXA 松村さんは「JAXA で働くとなると、どうしても宇宙工学を勉強されている人材のイメージがあるかと思うのですが、実際には JAXA 職員でも宇宙工学に特化していない人材も増えています。」と、従来のイメージとは異なる人材でも宇宙の仕事にかかわるチャンスがあると答えました。

また、「昨今の宇宙ベンチャーの広がり」についての話題では、大貫さんは「この十数年で世界の宇宙産業の市場は 50 兆円に到達する勢いになっています。2040 年には 100 兆円、2050 年には 300 兆円に増えていくという展望さえあります」と今後、宇宙産業が広がっていき、大規模産業になることを示唆しました。

国際宇宙ステーションに滞在中の野口宇宙飛行士との生交信

イベントの後半はいよいよISS 滞在中の野口宇宙飛行士と、Indeed の CM キャラクターである斎藤工さん、3 月 3 日(水)~3 月 21 日(日)まで、Indeed 上で募集していた「野口宇宙飛行士との交信イベントでのインタビュアー」に選ばれた、一般参加者 3 名がリアルタイムで交信をしました。

野口宇宙飛行士登場

野口宇宙飛行士の画面左側から無重力とわかるふわふわと浮いた状態でのユーモア溢れる登場に、会場全体が盛り上がりました。
宇宙仕事に興味のある斎藤さんは、同キャンペーンの「全国一斉 宇宙仕事 適性テスト」を受けたところ、「ロケット整備士」だったとのこと。
斎藤さんから「僕もいつか宇宙で働いてみたいと思っているのですが、宇宙飛行士のお仕事をはじめ、宇宙に関わる仕事の最も魅力的なところを教えてください!」と質問を投げかけられると、野口宇宙飛行士は「宇宙の仕事の魅力は沢山あります。船外活動やロボットアームは宇宙飛行士にとって晴れ舞台とも言えますが、一番の醍醐味は、宇宙にいる飛行士だけでなく地上の管制官も含め、みんなで大きな仕事を成し遂げることですね」と宇宙で仕事をするロマンを話しました。

また、斎藤さんが「休みの日に何をしていますか?」と素朴な疑問を投げかけると、野口宇宙飛行士から「土日は休みで、地球の写真を撮ったり、斎藤さんが出演した『共演NG』(昨年10月期のテレビ東京系ドラマ)を見ました」と聞き、「まさか宇宙で見ていただけるとは…」と驚きの表情とともに嬉しそうな様子でした。

宇宙での仕事は究極のテレワーク!

公募で当選した一般ユーザーからは、会社員や大学生、一児の母等のそれぞれ環境も職種も違う方々がインタビュアーとしてリモートで参加しました。

斎藤工と野口宇宙飛行士、3名の一般インタビュアー

「人類が宇宙で暮らすようになったら、どんな働き方や職業があると思いますか?」という質問を受けると、野口宇宙飛行士は「宇宙だから、地球だからという違いがこれからどんどん無くなっていけばいいなと思います。現在、コロナ禍でテレワークを行っている人も多いと思いますが、ある意味、究極のテレワークが宇宙飛行士、宇宙で仕事をするというスタイルになるのではないでしょうか?」と笑顔で答えました。

また、「医者の宇宙飛行士はたくさんいますが、看護師の宇宙飛行士はいないので、いたら助かります。地球と変わらないすべてのお仕事が宇宙でも活躍できると思います」と夢のある回答がありました。

宇宙がどんどん身近に

実際に宇宙にいる野口宇宙飛行士が必要だと思う仕事は、「地球にある仕事と変わらない」という回答に、宇宙に携わる宇宙仕事のほかにも、いつの日か宇宙で活躍できる飲食店の店員さんなど、宇宙仕事にとらわれない職種がどんどん現れるかもしれません。

宇宙にもとらわれない自分の可能性を見出だす一歩をあと押ししてくれる、とても夢のあるお話をしてくださった野口宇宙飛行士は、4月29日に地球に帰還する予定です。
国名の前に、「地球」や「月」といった住所表記になるのも遠い未来ではないかもしれません。

特設サイトにて動画アーカイブ公開中

Indeed の特設サイト「SKY IS YOUR LIMIT〜可能性は無限大〜」では、「野口宇宙飛行士 リアルタイム交信イベント」の動画アーカイブを公開中です。
ぜひ御覧ください。

野口 聡一宇宙飛行士 プロフィール

野口宇宙飛行士

野口 聡一(のぐち・そういち)

神奈川県出身。東京大学大学院工学系研究科修了。博士(学術)。1996 年宇宙飛行士候補に選抜された。
2005 年スペースシャトル・ディスカバリーに搭乗し、日本人として初めて国際宇宙ステーションで船外活動を行う。
09 年日本人として初めてロシア・ソユーズ宇宙船に船長補佐として搭乗し半年間の長期宇宙滞在を経験。
14 年世界中の宇宙飛行士の親睦団体である宇宙探検家協会会長に就任。

Twitter:@Astro_Soichi
Instagram:astro.soichi
YouTube:soichi astro

©JAXA/NASA

宙クリップ

このページへの情報のご提供、内容への修正、削除依頼はこちらから

お名前
必須

このページの内容にかかわる権利を所有する方ですか?

メールアドレス
必須
ページURL
修正内容
必須
修正内容にかかわる URLなどがございましたら、お書き添えください。
修正内容に関わる資料などがございましたら、添付してください。
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!