2021年9月の天体情報

早いものでもう9月。
まだまだ暑い日が続きますが9月は惑星が見頃のシーズンです。
日の入り後の西の低空には金星が明るく輝き、10日には、細い月が金星の近くに見えます。
空が暗くなった頃の南の空では、土星と木星が仲良く並んで輝いています。
16日から18日にかけて、この2つの惑星には、上弦を過ぎた月が近づきます。
そして、今年の中秋の名月は満月にあたります。

2021年9月の星空情報
7日白露(太陽黄経165度)/新月
14日上弦/水星が東方最大離角/海王星が衝
21日中秋の名月/満月
23日秋分の日/秋分(太陽黄経180度)
27日水星が留
29日下弦

惑星の見どころ

水星

水星

日の入り後の西の低空に位置しています。14日に東方最大離角となりますが、高度はかなり低く、観察は難しいでしょう。

金星

金星

日の入り後の西から南西の低空で明るく輝いています。明るさはマイナス4.0等からマイナス4.2等。

火星

火星

見かけの位置が太陽に近く、観察には適していません。

木星

木星

やぎ座を西に移動しています(逆行)。日の入りから1時間経った頃には南東の空に見えます。明るさはマイナス2.9等からマイナス2.7等。

土星

土星

やぎ座を西に移動しています(逆行)。日の入りから1時間ほど経った頃には南東から南の空に見え、明るさは0.3等から0.5等。

国立天文台Webサイトより引用

お月見を楽しもう!

9月21日は中秋の名月。
旧暦の8月15日の月を「中秋の名月」と呼び、2021年は9月21日がその日にあたります。
中秋の名月が「一年でもっとも美しい月」とされる理由は、季節や天体に関係します。
湿気の多い夏は月は霞んでしまいがちですが、秋は気温が下がり、空気中の水蒸気が減るので、月がくっきりときれいに見えるのです。

中秋の名月は必ずしも満月であるとは限りませんが、今年は8年ぶりの満月となります。
晴れていれば美しい満月が見られます。
少し涼しくなった屋外で、スズムシの音色を聞きながらのお月見なんて素敵ですね。
ぜひススキや月見団子を飾ってお月見を楽しみたいものです。

宙クリップ

このページへの情報のご提供、内容への修正、削除依頼はこちらから

お名前
必須

このページの内容にかかわる権利を所有する方ですか?

メールアドレス
必須
ページURL
修正内容
必須
修正内容にかかわる URLなどがございましたら、お書き添えください。
修正内容に関わる資料などがございましたら、添付してください。
予期しない問題が発生しました。後でもう一度やり直すか、他の方法で管理者に連絡してください。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!